×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タペストリーとは

タペストリーとは絵や模様を織り出してつくる壁掛け用など装飾的な織物のことですが、壁面を華やかにするものを総称する場合もあります。
タペストリーはうまく使うことで殺風景になりがちな白い壁を賑やかにしてくれます。

ホテルや公共機関でも使用されることが多く、高級なものはソファーとしてはもちろんベッドとしても抜群の機能性を誇るものもあります。
しかし、器械式のソファーベッドは長く使うことで稼動部が痛みやすく、毎日ベッドとして使用するのには向いていません。

「つづれ織り」や「ゴブラン織り」と呼ばれる技法で織られているものが多く、素材には麻やウール、絹などの自然素材が用いられます。
タペストリーと聞くと動植物をモチーフにしたものを思い浮かべてしまいますが、近年の北欧家具・雑貨のブームにのって新しいタペストリーも見られるようになりました 。

タペストリーを使って手軽にお部屋のイメージチェンジをしてみましょう。